ホームページ制作 http://wacp.org

FX023_L

画像をホームページに載せる場合、どうもうまくいかないという人がいるようですが、

まず画像の載せ方をしっかりと理解しておく事が大切です。 ホームページで画像を表示させるためには、HTMLタグを用いで表記しなくてはいけません。
画像を表示させるためのタグとは、<img src=”ここに画像のURLを入力する”>このようなタグを使用して表示させます。
また、画像のサイズや枠なども自由に変えることができるのですが、実際の画像とサイズが大きく異なる場合には、画質が悪くなるような事もあるので注意しましょう。
更にURLの末尾は、gifかjpgのどちらかで終わるようなっているのが一般的です。
最後の拡張子が間違っている事で、アップロードしてもうまく画像が表示されないというミスをしている人が多いようなので、今一度しっかりと見直してみましょう。
しかし、どうしてもHTMLタグが覚えられないという人は、インターネット上にある画像表示タグ自動生成ツールを使用してみる事をお勧めします。
画像表示タグ自動生成ツールとは、画像のURLを入力するだけで、簡単に画像表示タグを生成してくれる優れものです。
URLを入力すると自動的にHTMLタグが生成されるので、後はコピーをした画像タグを表示したい場所にペーストすれば完成です。

ホームページ制作

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>